コンセプト・
スタッフ紹介・求人情報

専門性の高い治療をご提供します
~コンセプト・スタッフ紹介~

本気の虫歯診療を行います~コンセプト・スタッフ紹介~

上野駅より徒歩2分で、土日祝日も診療する歯医者「上野品川歯科・矯正歯科」は、多様化する患者様のニーズに対応できるように、様々な精密診療機器を活用して、治療をご提供する歯科医院です。こちらでは、上野駅近くで信頼できる歯医者さんをお探しの方のために、当院の診療コンセプトとともにスタッフをご紹介します。

コンセプト

天然の歯を健康に、
美しく。

ご挨拶

「上野品川歯科・矯正歯科」の院長、品川淳一です。私が生まれ育った場所でもあるこの台東区の地で、エビデンス(医学的根拠)に基づいたグローバルスタンダードな虫歯の予防・治療と矯正治療をご提供したいと考えております。
私は台東区松が谷に祖父、父と二代続く歯科医院の長男として生まれ育ちました。地域医療を支える歯科医師として日々臨床に励む父を見て育った私は、自然と歯科医師への道を志しました。以前から漠然と海外への憧れを抱き、高校時代にカナダへの短期語学留学も経験していた私は、大学時代からは世界の歯科医療に興味を持っていました。そこで、大学時代にはフィンランドのトゥルク大学への交換留学を行いました。これは一週間と非常に短期でしたが、海外の歯学部生・歯科医師と身近に交流する貴重な経験でした。
歯科医師となり、昭和大学歯科病院にて臨床研修を行った後、東京医科歯科大学大学院へ進学、う蝕制御学分野の田上順次教授に師事しました。虫歯は風邪と同じように、誰でも知っている普遍的な病気でありながら未だ確実には予防は出来ません。また、治療法や道具も次々と新しいものが発表されています。そこで、この虫歯とその治療に用いる材料について勉強をしていきました。
大学院卒業後は、ドイツのルートヴィヒマクシミリアン大学ミュンヘンに客員研究員として半年間滞在し、研究を行なっていました。その間、ドイツの他の地域やベルギーの大学を訪ね、臨床を見学し、世界で行われている治療を目の当たりにもしました。
帰国後、このように様々な場所で学んだ歯科の知識と技術を地域の皆様に還元するためには、細部までこだわり抜き、患者様お一人お一人にしっかりと時間をかけて向き合える歯科医院を開院する必要があると考えました。そこで、大学院在籍中には様々な国際学会で発表を行い、卒業後は教員として診療・研究・学生教育に携わる副院長と共に、当院を開院するに至りました。
当院は自費診療を中心に歯科用CTやマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、1本の虫歯、1本の歯の根に徹底的にこだわった治療を行います。そして可及的に健康な歯質を残し、出来るだけ長くご自分の歯で過ごしていただきたいと考えております。そのために力を入れているのが、私の専門である予防から修復治療、根管治療までの総合的な虫歯の管理。そして、副院長による、見た目だけでなく良い噛み合わせを作り、メインテナンスしやすい環境を作る矯正歯科治療です。また材料学の研究経験を活かした、機能回復とともに自然な美しさにもこだわったメタルフリー治療もご提供いたします。そして治療が終了した後には、一人ひとりの患者様に合わせた虫歯の予防プログラムとメインテナンスをご提案し、予後もしっかりとサポートしていきます。

品川 淳一

院長・スタッフ紹介

院長

品川 淳一

品川 淳一

【略歴】
2004年 暁星高等学校 卒業
2011年 明海大学歯学部 卒業
2012年 昭和大学歯科病院総合診療歯科臨床研修 修了
2016年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科(う蝕制御学分野)修了、博士(歯学)
特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 認定医
2016年4月~10月 ルートヴィヒマクシミリアン大学ミュンヘン 客員研究員
2016年11月~ 一般開業医 勤務
2019年 上野品川歯科・矯正歯科 開業
2019年4月~ 東京医科歯科大学 う蝕制御学分野 非常勤講師

【所属学会】
特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 認定医
一般社団法人 日本接着歯学会
一般社団法人 日本歯内療法学会
一般社団法人 日本顕微鏡歯科学会
一般社団法人 日本歯科審美学会

【原著論文】
Dentin bonding performance and interface observation of an MMA-based restorative material. Shinagawa J, Inoue G, Nikaido T, Ikeda M, Sadr A, Tagami J. Dental Materials Journal 2016 Jul 30;35(4):578-84.

Early bond strengths of 4-META/MMA-TBB resin cements to CAD/CAM resin composite.Shinagawa J, Inoue G, Nikaido T, Ikeda M, Burrow MF, Tagami J. Dental Materials Journal 2018 Aug 29.

【学会発表】
MMA系接着充填材の接着強さと耐酸性の評価. 品川淳一, 井上剛, 二階堂徹, 田上順次. 2013年6月第138回日本歯科保存学会.

FCP-COMPLEX処理した人工脱灰象牙質に対するレジン接着界面の評価. 後村純史, 井上剛, 増子律子, 品川淳一, 二階堂徹, 田上順次. 2014年10月第141回日本歯科保存学会.

Early Bond Strengths of 4-META/MMA-TBB Cements to CAD/CAM Resin Composite. Junichi Shinagawa, Go Inoue, Toru Nikaido, Junji Tagami.IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2015 Mar.

レジンコーティング法における未重合層の有無がCAD/CAMレジンクラウンに対するレジンセメントの接着耐久性に及ぼす影響.品川淳一,井上剛,二階堂徹,田上順次.2018年11月第37回日本接着歯学会.

【雑誌】
THE REPORT 第36回日本接着歯学会学術大会. 品川淳一. ザ・クインテッセンス37, No.2; p216-217. 2018.
THE REPORT 第37回日本接着歯学会学術大会. 品川淳一. ザ・クインテッセンス38, No.2; p218-219. 2019.

【ウェブサイト】
留学で見たドイツの歯科事情(連載) 第1回「教育」, 第2回「保険制度」, 第3回「歯科治療」. 第4回「歯科医師を取り巻く環境」 品川淳一. WHITE CROSS 2017年-2019年
インタビュー「う蝕を包括的に管理する「カリオロジスト」という妄想」 WHITE CROSS編集部 2019年

【患者さま満足度調査にご協力ください】
少しでも患者さんにとってより良い歯科医療を提供するため、第三者機関に依頼して患者さん満足度調査を行っています。率直なご意見をいただき、改善すべき点は真摯に受け止めていきたいと思っております。当院には患者さまの個人情報は一切伝えられませんので、 是非、温かいお言葉、おしかりのお言葉、たくさんお寄せ下さい。

上野でおすすめの歯医者、上野品川歯科・矯正歯科の評判と口コミ上野でおすすめの歯医者、上野品川歯科・矯正歯科の評判と口コミ

副院長・矯正歯科担当医

品川 令

副院長・矯正歯科担当医

【略歴】
2005年 豊島岡女子学園高等学校 卒業
2011年 明海大学歯学部 卒業
2012年 東京医科歯科大学歯学部附属病院臨床研修 修了
2016年 明海大学大学院歯学研究科(歯科矯正学)修了、博士(歯学)
2017年 明海大学歯学部形態機能成育学講座歯科矯正学分野 助教
2019年 公益社団法人 日本歯科矯正学会 認定医

【所属学会】
公益社団法人 日本歯科矯正学会 認定医
日本歯科矯正学会協力学会 東京歯科矯正学会
特定非営利活動法人 日本顎変形症学会
一般社団法人 日本口蓋裂学会

【受賞歴】
8th IOC (International Orthodontic Congress) 2015年ロンドン大会JOS トラベルアワード受賞.

【原著論文】
歯肉骨膜形成術を施行した唇顎口蓋裂児の顎裂部の三次元評価. 真野樹子, 時岡一幸, 松本美樹, 田中恵理, 長谷川紘也, 大浜令, 箕田碧, 富田至保, 中塚貴志, 須田直人. 日本口蓋裂学会雑誌, 2014年10月39巻3号, 201-208.

精度の高い歯列画像を有する三次元顎顔面頭蓋画像の再構成. 三條恵介, 大塚雄一郎, 品川令, 富田至保, 箕田碧, 長谷川尚哉, 須田直人. 日本顎変形症学会雑誌, 2015年8月25巻3号, 207-217.

Platelet-rich plasma(PRP)を用いた片側性唇顎口蓋裂児における顎裂部二次骨移植の術後評価. 田中恵理, 真野樹子, 松本美樹, 長谷川紘也, 瀬川千花子, 品川令, 富田至保,箕田碧, 奥結香, 重松久夫, 坂下英明, 須田直人. OrthodonticWaves-Japanese Edition, 2015年9月74巻2号, 111-120.

セルフエッチングプライマータイプ矯正歯科用接着システムのヒト歯面における接着強さとエナメル質への影響. 遠藤則和, 松井成幸, 品川令, 富田至保, 箕田碧, 日比野靖, 中嶌裕, 須田直人. OrthodonticWaves-Japanese Edition, 2016年3月75巻1号, 8-18.

Heterogeneous Human Periodontal Ligament-Committed Progenitor and Stem Cell Populations Exhibit a Unique Cementogenic Property under In Vitro and In Vivo Conditions. Rei Shinagawa-Ohama, Mai Mochizuki, Yuichi Tamaki, Naoto Suda, Taka Nakahara. Stem Cells and Development 2017 May 1;26(9):632-645.

術前顎矯正治療における光学印象の試み(第一報)―撮像時の湿潤と動きの影響―. 長谷川紘也, 真野樹子, 土屋隆子, 土肥洋介, DASHDONDOG Otogontoya, 豊田亜希子, 品川令, 藤本舞, 須田直人. 日本口蓋裂学会雑誌, 2017年10月42巻3号, 208-214.

術前顎矯正治療における光学印象の試み(第二報)―裂隙形態の影響―. 長谷川紘也, 真野樹子, 土屋隆子, 土肥洋介, DASHDONDOG Otogontoya, 豊田亜希子, 品川令, 藤本舞, 須田直人. 日本口蓋裂学会雑誌, 2018年4月43巻1号, 12-19.

明海大学病院における口唇裂・口蓋裂患者の過剰歯に関する臨床統計調査. 品川令, 藤本舞, 長谷川紘也, 土屋隆子, 土肥洋介, ダシドンドグオトゴントヤ, 豊田亜希子, 真野樹子, 須田直人. 日本口蓋裂学会雑誌, 2018年4月43巻1号, 20-25.

Regeneration in Experimental Alveolar Bone Defect Using Human Umbilical Cord Mesenchymal Stem Cells. Akiko Toyota , Rei Shinagawa, Mikiko Mano, Kazuyuki Tokioka, Naoto Suda. Cell Transplantation 2021 Jan;30:1–15.

【症例報告】
睡眠時の呼吸障害を伴うCrouzon 症候群の1例. 真野樹子, 佐々木会, 藤本舞, 金子優, 三條恵介, 品川令, 箕田碧, 富田志保, 菅原康志, 須田直人. 日本顎変形症学会雑誌, 2014年12月24巻, 325-335.

上顎骨延長法後に術後安定性が得られた片側性唇顎口蓋裂の1例. 佐々木会, 田中恵理, Frank Dorottya, 品川令, 加藤悠歩, 藤本舞, 奥結香, 重松久夫, 真野樹子, 坂下英明, 須田直人. 日本顎変形症学会雑誌, 2015年12月25巻3号, 223-233.

矯正歯科治療とインプラント補綴を行った先天性多数歯欠如のAngle II級症例. 佐々木会, 品川令, 須田直人. 東京歯科矯正学会雑誌, 2017年6月27巻1号, 14-19.

【学会発表】
睡眠時無呼吸を伴うCrouzon 症候群の1 例. 金子優, 加藤悠歩, 瀬川千花子, 森脇由華, 上里忠成, 大浜令, 川尻朱美, 富田志保, 箕田碧, 真野樹子, 須田直人. 2012年9月第71回日本歯科矯正学会.

顎裂部二次骨移植後に上顎骨仮骨延長術を施行した成長期の右側唇顎口蓋裂の1例. 田中恵理, 佐々木会, 真野樹子, 加藤悠歩, 藤本舞, 大浜令, 重松久夫, 坂下英明, 須田直人. 2013年7月第72回東京歯科矯正学会大会.

酵素法とoutgrowth法で得られたヒト歯小嚢および歯根膜由来細胞の幹細胞特性の比較解析. 大浜令, 田巻友一, 須田直人, 中原貴. 2014年3月第13回日本再生医療学会.

ヒト抜去歯由来幹細胞の採取組織と分離法に関する再生医療学的検討. 大浜令, 田巻友一, 須田直人, 中原貴. 2014年9月第56回歯科基礎医学会.

酵素法とoutgrowth 法で得られたヒト歯小嚢および歯根膜由来細胞の間葉系幹細胞特性の比較解析. 大浜令, 田巻友一, 中原貴, 須田直人. 2014年10月第73回日本歯科矯正学会.

異なる採取組織と分離法により得られたヒト抜去歯由来幹細胞のin vitro解析およびin vivo硬組織形成能評価. 品川令, 田巻友一, 須田直人, 中原貴. 2015年3月第14回日本再生医療学会.

In vitro and in vivo stem cell characteristics of human dental follicle and periodontal ligament cells isolated using two distinct methods. Rei Shinagawa, Yuichi Tamaki, Naoto Suda, Taka Nakahara. International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 13th Annual meeting 2015 Jun.

Cementogenesis by human mesenchymal stem cells isolated from periodontal ligaments. Rei Shinagawa, Yuichi Tamaki, Taka Nakahara, Naoto Suda. 8th International Orthodontic Congress 2015 Sep.

In vivo cementum formation bymesenchymal stem cells derived from extracted human teeth. Rei Shinagawa, Yuichi Tamaki, Taka Nakahara, Naoto Suda. The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2015 Nov.

インプラント補綴と矯正治療により咬合改善を図った2例. 品川令, 佐々木会, 藤本舞, 加藤悠歩, 大貫那未, 小貫裕之, 嶋田淳, 須田直人. 2016年7月第75回東京歯科矯正学会学術大会.

唇顎口蓋裂児の術前顎矯正における口腔内スキャナ使用の試み. 真野樹子, 藤本舞, 品川令, 土屋隆子, 土肥洋介, 長谷川紘也, 須田直人. 2016年11月第75回日本歯科矯正学会大会.

唇顎口蓋裂児への光学印象の試み(第1報) 湿潤と体動の影響. 長谷川紘也, 真野樹子, 土屋隆子, 土肥洋介, 品川令. 2017年5月第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

唇顎口蓋裂患者の過剰歯に関する臨床統計調査. 品川令, 藤本舞, 長谷川紘也, 真野樹子, 須田直人. 2017年5月第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

当科における口唇裂・口蓋裂患者の過剰歯に関する臨床統計学的検討. 品川令, 真野樹子, 長谷川紘也, 藤本舞, 須田直人. 2017年10月第76回日本歯科矯正学会大会.

唇顎口蓋裂児の光学印象における裂隙形態の影響. 長谷川紘也, 真野樹子, 土屋隆子, 土肥洋介, 品川 令. 2017年10月第76回日本歯科矯正学会大会.

歯肉骨膜形成術(GPP)施行例と非施行例における顎発育の短期成績の比較. 真野樹子, 時岡一幸, 長谷川紘也, 藤本舞, 品川令, 須田直人. 2018年5月第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

術前顎矯正による上顎歯槽形態の改善に関与する因子の検討. 藤本舞, 真野樹, 時岡一幸, 品川令, 長谷川紘也, 奥結香, 坂下英明, 須田直人. 2018年5月第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

早期顎裂閉鎖の成績向上を目的としたヒト臍帯由来間葉系幹細胞を用いた歯槽再生. 豊田亜希子, 品川令, 時岡一幸, 須田直人. 2018年5月第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

ヒト臍帯由来間葉系幹細胞を用いた早期顎裂閉鎖の効率化を目指した基礎研究. 豊田亜希子,品川令,時岡一幸,須田直人. 2018年10月第77回日本矯正歯科学会学術大会.

明海大学病院矯正歯科における過去20年間の口唇裂・口蓋裂患者の臨床統計的検討. 鈴木大喜, 李美乃, 品川令, 藤本舞, 長谷川紘也, 真野樹子, 須田直人. 2019年5月第43回口蓋裂学会総会・学術大会.

Le Fort I型骨切り術単独により上顎骨の前下方移動とyawingの改善を図ったUCLPの1例. 藤本舞, 佐々木会, 品川令, 真野樹子, 坂下英明, 須田直人. 2019年5月第43回口蓋裂学会総会・学術大会.

明海大学病院矯正歯科における1999年以降の口唇裂・口蓋裂患者の臨床統計. 鈴木大喜, 品川令, 藤本舞, 長谷川紘也, 真野樹子, 須田直人. 2019年11月第78回日本矯正歯科学会学術大会.

術前顎矯正治療における光学印象の試み(第4報) 唇顎口蓋裂児における撮像. 野尻尚子, 真野樹子, 藤本舞, 品川令, 土屋隆子, 鈴木大喜, 長谷川紘也, 須田直人. 2020年6月第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会.

【雑誌】
注目の海外文献32. 品川令, 須田直人. Clinical Calcium 2014 Jan;24:120-122.

歯科衛生士

長尾 美優

【略歴】
2014年  歯科衛生士免許 取得
2015年  日本歯科審美学会 ホワイトニングコーディネーター取得
2019年~ 上野品川歯科・矯正歯科 勤務

【求人情報】

 

歯科衛生士、歯科助手募集中

最先端のう蝕予防・治療・根管治療・矯正歯科治療を学びながら働いてみませんか?

上野品川歯科・矯正歯科では

・時間をかけて患者様と向き合ったメインテナンスを
したい
・う蝕予防を学びたい
・自費診療専門や、矯正歯科治療を行っている歯科医院で働きたい
・色々なセミナーに参加して学びたい

と考えている、意欲のある歯科衛生士、歯科助手を募集しています。歯科助手は、歯学部生や衛生士学校生、経験者を想定していますが、未経験者も歓迎します。
当院はう蝕予防、接着修復、神経を残す治療、根管治療、矯正歯科治療に特化した自費診療専門の歯科医院です。
院長はホワイトスポットの治療、接着、う蝕を中心に講演・執筆活動を多数行っております。
矯正担当医の副院長は日本矯正歯科学会認定医を取得し、大学病院で教員を勤めた経験があります。

募集職種 歯科衛生士・歯科助手
設備 ・CT、マイクロスコープ、口腔内スキャナー(iTero)を日常的に使用しており、最先端の歯科治療に触れることができます。
・診療室は個室で、衛生士専用ユニットがあります。
・片付けはウォッシャーディスインフェクターから直接滅菌器に移すシステムを確立しており、手で器具を洗ったり乾燥させたりすることは無く、安全です。
業務内容 ・衛生士は基本的に衛生士業務に専念していただき、TBIと口腔衛生指導に時間をかけていただくため、アポイントは片付けを含めて90分間とっています。
・業務内容は歯周基本治療の他、ホワイトニング、矯正中のPMTC、インビザラインの取り扱い指導などです。
・インプラント治療、外科的根管治療、自家歯牙移植などのオペの際にはアシストをお願いすることもあります。
・歯科助手は受付業務と診療後の片付けが主な業務になります。
・必要に応じて歯科医師、衛生士も受付業務や片付けを行います。
勤務時間 (月水金)
11:30~21:30
(土日祝日)
9:30~17:30
※勤務時間が6時間を超える場合は休憩1時間、医院の昼休みはないのでシフトで休憩を取っていただきます。
その他、学会や講演の際には臨時休診とします。
変則的な勤務時間のため、週1日〜の非常勤を想定していますが、常勤のご希望も歓迎します。
学会
セミナー代補助
院長が所属するスタディグループITDの講演、院長自身の講演、院長がスタッフに受けてもらいたいセミナーは
全額補助します。
その他、院長が認めた学会参加費、セミナー代は半額補助します。
給与

≪歯科衛生士≫
【非常勤】 時給1800円〜
【常勤】 月給28万円〜

≪受付・歯科助手≫
【非常勤】 時給1100円〜
【常勤】 月給18万円〜

休日 火曜・木曜

ご相談、ご応募の際には以下のメールアドレスにお気軽にご連絡をお願いいたします。
info.uenoshinagawa@gmail.com