精密虫歯治療

虫歯専門の歯科医師が治療します~精密虫歯治療~

虫歯専門の歯科医師が治療します~精密虫歯治療~

虫歯治療はどの歯科医院でも日常的に行われています。保険診療でも治療可能ですので、深く考えずに虫歯を削る処置を受けたことがある方も多いでしょう。しかし、誤った診断や、精度の低い虫歯治療を受けてしまうと、結果的に歯の寿命を短くしてしまうことがあります。虫歯は基本的に視診とレントゲン写真で検査し、虫歯がどこまで進行しているかを調べます。この視診の際には、出来るだけ高倍率で検査することが重要です。マイクロスコープを用いた視診を行うことにより、格段に診断の精度を上げることができます。それぞれの虫歯の進行度と活動性によって治療法は分かれます。日本歯科保存学会という学会が虫歯治療のガイドラインを作成しています。このように具体的な虫歯治療のガイドラインは世界でもこれだけであり、日本の虫歯治療に対する研究が進んでいると言えます。

虫歯専門の歯科医師が治療します~精密虫歯治療~

現在、虫歯治療はMI (Minimal Intervention、最小限の侵襲) という理念を基本としています。虫歯で悪いところだけをなるべくピンポイントで削って治療するという概念です。主に、歯に良く接着するコンポジットレジンという材料の普及によって、可能となりました。従って、あまり大きく無い虫歯はこのコンポジットレジンを用いた治療(ダイレクトボンディング)が第一選択になります。しかし、虫歯で歯を失った部分が大きくなってくると、ダイレクトボンディングでは治療できなくなります。この場合には、型取りをして詰め物を作るインレー修復という治療が選択されます。また、虫歯が神経の近くまで進行していると、以前は神経を取らなければいけない場合が多くありました。しかし、現在は材料が進歩しており、バイオセラミックと呼ばれる材料を用いることで歯の神経を取らずに保存することが出来るようになりました。このような歯の神経を残す治療は、ラバーダム防湿をして神経に対する感染を防ぎ、マイクロスコープで神経の状態を確認しながら治療しなければなりません。

治療する場合には、どのような治療法になるのかよくご説明し、ご納得いただいた上で治療を開始します。

虫歯の進行度と治療方法

虫歯の進行度 治療方法

歯の表面のエナメル質の白濁(ホワイトスポット)

患者様ごとのプログラムによるフッ化物使用、アイコン(レジンを歯に染み込ませる治療)

歯の噛む面の溝に出来た初期虫歯

歯の溝に出来た初期虫歯

シーラント(材料で溝を埋める治療)

象牙質にまで進行した虫歯

象牙質にまで進行した虫歯

ダイレクトボンディング、インレー修復

歯の神経に達した虫歯

歯の神経に達した虫歯

バイオセラミックを用いた歯髄保存療法、抜髄(歯の神経をとる治療)
費用
シーラント 1歯2,000円(税別価格)
アイコン 1歯10,000円(税別価格)
深在性う蝕に対する処置
(ステップワイズエキスカベーション, 歯髄保存療法)
1歯10,000円(税別価格)

ダイレクトボンディング、インレー修復の料金はこちらから